少年マガジン

東京卍リベンジャーズネタバレ226話!梵の最強コンビ登場!!

東京リベンジャーズ226話ネタバレ

週間少年マガジンにて大人気連載中のマンガ「東京卍リベンジャーズ」最新226話のネタバレです。

前回225話にて、主人公・花垣武道(はながきタケミチ)は、梵(ブラフマン)、六波羅単代(ろくはらたんだい)、関東卍會(かんとうまんじかい)による三天戦争に巻き込まれてしまいます。

タケミチが所属する梵(ブラフマン)の明石武臣(あかしたけおみ)は、仲間であるドラケンを殺されたことについて、六波羅単代への怒りを露わにしました。

それを梵の幹部、ワカとベンケイが諌め、2人vs六波羅単代の戦いが始まります。

一方、関東卍會トップにしてタケミチの目的であるマイキーは、かつての親友・ドラケンの死にも動じる様子はなく、何故か様子見に徹するのでした。

今回は、東京卍リベンジャーズ最新226話をネタバレ解説します!

東京卍リベンジャーズネタバレ

<<225話226話227話>>

【東京卍リベンジャーズ】226話最新ネタバレ

東京卍リベンジャーズ最新226話のネタバレ解説です。

舞台は前回に引き続き、三天が入り乱れて大乱闘を起こしている、雨の遊園地の駐車場。

六波羅単代の幹部である鶴蝶(カクチョー)は、マイキーの首を狙うため、関東卍會の構成員たちを次々と薙ぎ倒していきますが、なかなか大元には届きません。

一方、当のマイキーはなぜか動かず、状況を静観しています。

そこへ関東卍會の幹部である春千夜(ハルチヨ)が現れ、鉄パイプでカクチョーを殴りつけました。

しかし、すぐさま六波羅単代幹部の灰谷兄弟が、ハルチヨを警棒で殴り倒します。

別の場所では、同じく六波羅単代幹部「極悪の世代」が関東卍會を蹂躙しており、まさに状況は混戦を極めるのでした。

一方、梵vs六波羅単代の戦いは、梵幹部のワカとベンケイが、六波羅単代の構成員を100人近く倒していました。

自分も戦おうとする武臣を諌めるベンケイ。

ワカとベンケイの異常な強さを目の当たりにしたタケミチに対し、千咒は2人の過去を語り始めます。

曰く、かつて黒龍(ブラックドラゴン)ができる前、関東は東西に二分されており、それぞれをワカとベンケイが率いていたとのこと。

西関東を仕切っていたのは、構成員600人からなる「螺愚那六(ラグナロク)」の総長、「赤壁(レッドクリフ)」こと荒師慶三(あらしけいぞう、ベンケイ)

東関東を仕切っていたのは、12のチームが合併してできた「煌道連合(こうどうれんこう)」の総大将、「白豹(しろひょう)」こと今牛若狭(いまうしわかさ、ワカ)。

この2人をまとめて関東を統一したのが、何とマイキーの兄、佐野真一郎(さのしんいちろう)だといいます。

そして、伝説の最強コンビであるワカ&ベンケイと、六波羅単代トップである寺野南(てらのサウス)との戦いが幕を開けるのでした。

【東京卍リベンジャーズ】226話の感想と考察

ここからは、東京卍リベンジャーズ最新226話について、感想と考察をしていきます!

タイトル「Dynamic duo」の意味は?

今回226話のタイトルは、「Dynamic duo」。

Dynamicは「力強い」「活動的な」、duoは「二人組」といった意味があります。

これは今回の主役である、ワカとベンケイのことを表しているのだと思われます。

日本語に訳すと、作中でも登場した「最強コンビ」がピッタリでしょう!

ワカやベンケイは勝てるのか!?

前回、まだ死人が出る、と言って千咒のことをタケミチに託したワカ。

これまでも場地やドラケンなど、タケミチに何かを託したキャラクターは死んでしまうことが多かったです。

ワカの上記の発言も同様で、いわゆる「死亡フラグ」の可能性があります。

ワカとベンケイは相当強いとは思われますが、それでも現在の三天の一角を率いるサウスに通用するかは不明です。

今後のワカたちの動向は要チェックです!

まとめ

東京卍リベンジャーズ最新226話をネタバレ解説してみましたが、いかがでしたか?

梵幹部とマイキーの兄との意外な繋がりが明らかになり、ますます過去が気になる回でしたね!

六破羅単代トップに対し、最強コンビはどう立ち向かうのか、今から楽しみですね♪

最終章に入り、ますます盛り上がっている「東京卍リベンジャーズ」に、今後も注目です!!

x Logo: Shield Security
このサイトは
Shield Security によって保護されています →