呪術廻戦

死滅回游で五条の誕生日に封印解除する!?

死滅回游で五条が封印解除される可能性について

ついに本格的に指導した死滅回游!

死滅回游の行方も気になるところですが、呪術廻戦ファンとして気がかりになるのは”五条悟の封印解除はいつなのか”ですよね。

死滅回游の参加期限やルールについて読み解いていくと、五条悟の誕生日で封印解除するのでは!?という新たな可能性が見えてきました。

五条の誕生日は12月7日。

ではこの日、死滅回游では何が行われるのでしょうか?

気になる方はチェックしてくださいね!

死滅回游で五条の術式が剥奪される?

ついに始まった死滅回游!

死滅回游の時系列と五条の誕生日が近いとあって、そこで何かあるのでは?と勘付いているファンは多いはず。

実は、死滅回游において五条の誕生日は重要な日だったのです・・・。

期限が五条の誕生日

ここでルールを簡単に説明していきます。

まず、死滅回游には参加表明の期限があり、羂索(ケンジャク)によって新たに作られた術師たちは、その間に参加しなければ死んでしまいます。

ちなみに、この間に結界に入るとそれだけで死滅回游のプレイヤーになります。

参加表明の期限は10月31日~11月19日」

そして参加表明をしてから19日間なにもしなければペナルティとして術式が剥奪され死んでしまいます。

実はこの、「人を殺さなければいけない期間」の最終日五条の誕生日である12月7日なのです。

死滅回遊に参加したプレイヤーは、12月7日までに1人も殺せなかったら死んでしまう!プレイヤーが何もしないでいられるのは12月7日までということだね!
それでなんで五条が術式剥奪されるの?

ここからは考察になりますが、羂索が獄門疆(ごくもんきょう)を持って仙台結界にいることは明らかになっています。

もし、獄門疆内でも死滅回游のルールが適応されてしまえば、五条は何もできずに術式を剥奪されるということに・・・

それは・・・やばくない?
獄門疆は外からは何も手出しできないことになっているし、可能性は低いんじゃないかな。五条の無下限をどう突破するかという問題もあるしね・・・

私は五条の誕生日に封印解除されるのでは!?と考えています!

それは次で解説していきますね♪

死滅回游のルールが難しい!という方はこちらを参考にしてください♪

死滅回遊ルール解説
【呪術廻戦】死滅回游のルールが難しい!図解でわかりやすく解説!呪術廻戦の死滅回遊のルールが発表されましたが、難しくて意味が分からないですよね。今回は、死滅回遊のルールを誰でも分かるよう詳しく、図を使って解説しました。これさえ読めば呪術廻戦「死滅回遊」の難しくて複雑なルールが誰でも分かります!羂索の本当の目的や、虎杖達の対抗策、さらに攻略の糸口まで詳しく解説しましたので参考にしてください♪...

五条の誕生日に封印解除か!?

五条の誕生日に封印解除される可能性がでてきたよ!

呪術廻戦では仏教や神道についての言葉が良く出てきますが、五条の誕生日について調べると、意外な事実が!

もしかしたら五条の封印が解除されるかも!?

12月8日は悟りを開いた日

実は五条の誕生日の次の日・12月8日は仏教においてとても大切な日なのです。

12月8日は「お釈迦様が悟りを開いた日」。

五条「悟」という名前にも、悟りという漢字が使われていますよね!!

お釈迦様は12月8日の朝に、明星の輝きと共に悟りを開きました。

悟りとは「生死を超えた永遠の真理を会得」すること。

五条が封印されている「獄門疆(ごくもんきょう)」は源信という偉いお坊さんの成れの果てですから「悟が呪術に関する心理を会得し、獄門疆から脱出する」という可能性は十分ありえます!

つまり五条の誕生日を終えた次の日(12月8日)の明け方に、五条の封印が解除される可能性が!

ちなみにこの12月8日は、死滅回游で何もしなかった人間が術式を剥奪されてしまう日でもあります。

伏黒や虎杖はこの日までに何とかしなければ、津美紀が死んでしまうかもしれない、ということですね。

まとめ

死滅回游で重要な日になるかもしれない!?

五条の誕生日に関する考察を紹介しました。

もしかしたら、五条の誕生日に封印が解除されるかもしれません・・・。

死滅回游のプレイヤーの現在の状況はこちら!

死滅回游の参加者と過去の術師について
【呪術廻戦】死滅回游の参加者(プレイヤー)は?参加する過去の術師は誰?呪術廻戦本誌でようやく始まった死滅回游。ルール追加や複雑なルールで難しいと話題ですが、ここで現在わかっている参加者(プレイヤー)と、参加している過去の術師についてまとめました。呪術廻戦で今後重要になってくる過去の術師や死滅回游に参加している参加者(プレイヤー)を知りたい人はチェック!...
x Logo: Shield Security
このサイトは
Shield Security によって保護されています →