青年漫画

薬屋のひとりごと5巻ネタバレ!猫猫、講師になる?!

皆さん、今話題の薬屋のひとりごとはご存じですか?

薬屋のひとりごとは主人公で薬屋の娘の猫猫が後宮で起こる事件を持ち前の薬の知識と語句に耐性のある体で毒見役として解き明かしていく物語です。

4巻では、後宮で大量解雇が行われその対象に猫猫も入っており解雇されてしましました。しかし、壬氏により再び後宮で働くことになったところで終わっています。

5巻はどのような内容になっているのかネタバレが気になるところです!

今回は薬屋のひとりごとの5巻のあらすじやネタバレについて紹介していきます。

薬屋のひとりごとネタバレ
<< 4巻5巻6巻 >>

【薬屋のひとりごと】5巻ネタバレあらすじ

後宮に戻ってきた猫猫は、外廷内の壬氏付きの下女として働くことになりました。

壬氏は美しい美貌を持っているので、後宮の女性たちに大変モテており、壬氏の侍女になった猫猫に官女たちのやっかみも激しくなります。

壬氏には猫猫の他に50歳近い働き者な下女の水蓮がいます。

水蓮に仕事を教えてもらいながら、過去の壬氏に起こった美貌を持っているが故のエピソードを聞いてオエ…と思う猫猫。

仕事が終わり庭を外廷内していると、やっかみを言っていた官女にまた絡まれます。

白檀と独特の苦みを帯びた香りがする官女の名前は翠苓と言い、後に関わりを持つことになるのです。

後宮のお妃教育を壬氏に任された猫猫は、花街から取り寄せた教材を使って上級妃だけの講義を行ったりと以前と変わらず淡々と後宮の仕事をこなします。

1年で一番寒い季節になる頃ごみ焼き場に書類を捨てに行く猫猫は、小火の検分もしている李白に会いました。

原因不明と聞き興味を持つ猫猫は食糧庫に行きます。

すると燃え後ですが綺麗な細工が施された煙管を発見。

推測を始め、不審火の原因は小屋の中に舞った粉にたまたまサボりにきた倉庫番の煙管の火に引火によるものと分かりました。

ある夜、降順に見てほしいものがあると呼び止められる猫猫は、十年も前に商家で起こった起ったフグ毒のよる食中毒事件の資料を渡されます。

似たような事件が1週間前に起こりフグの鱠を食べた官僚が昏睡状態になっていました。

いろいろと事情を聴く猫猫は、その家の厨房を見せてもらえないかと頼み見たことのない武官のお付きという名目で視察に入る猫猫。

現在その家を取りしきっている主人の弟に出て行けと追い出されそうになります。しかし、隙を見て厨房に入り海藻が入って壷を見つけます。

翌日、フグの毒抜きについて武官たちと話している途中で海藻(毒)を口に入れる猫猫を見て大慌てで壬氏たちが吐き出させます。

海藻(毒)を仕入れた犯人を調べると、役人の弟で長子である兄が邪魔だったという動機で犯人は分かり事件は解決しました。

猫猫が報告書を読んでいると、壬氏が帰ってきて満面の笑みで迎える男がいました。

その男は、壬氏が苦手な軍師の羅漢です。

壬氏が緑青館に縁のある猫猫を下女にしたことから、何かと絡まれるようになったらしく、妓女の話を長々としていました。

しかし、今回は壬氏に会いに来たのではなく猫猫に急死した宮廷御用達の調金細工師の遺言について調べてほしいと依頼をしに来たのです。

遺言には皆、昔のように茶会をするといいとだけ残し、形見は長男には離れの作業小屋、次男には細工の施されたタンス、三男には金魚鉢で、遺言も形見もよくわからないので猫猫に依頼した訳です。

事情を聴いた猫猫は武官と一緒に調金細工師の家に向かいました。

家に着くと長男が受け継いだ作業小屋があり、中には、次男のタンスと三男の金魚鉢がありました。

タンスは鍵が掛かっており使えないという次男の話を聞きいた後、窓から差し込む陽の光に気づいた猫猫。

何かひらめいたように三男の金魚鉢に水を入れると、凸面鏡代わりして一筋の光が真っすぐにタンスの鍵穴に当たり、金属が詰めこまれていた鍵穴が開きました。

鍵穴に鍵が差し込まれると流れ出した金属が型に入って新たな鍵を作りだし、すべての鍵が開くこと、亡くなった父親の遺言の意味が分かり事件は解決したのでした。

【薬屋のひとりごと】5巻ネタバレ感想

5巻でも次から次へと事件を解決していきました。

後宮のお妃教育を任されたり、四方八方から事件解決の依頼を受けたり、後宮には猫猫がいなくてはいけない存在になってきていますね!

最後の遺言の事件は、今までの事件と違い人間のいざこざではないトリックがあるような面白い結論で新しかったです。

これからも幅広いジャンルの事件を解決していく猫猫の活躍が楽しみですね!

まとめ

今回は、薬屋のひとりごとの5巻のあらすじやネタバレを紹介していきました。

毎度のことながら、冷静に事件を解決していく猫猫はかっこよかったです!

また、白檀と独特の苦みを帯びた香りがする官女の翠苓はこれから何か起こす人物になってくるようなので注目です。

6巻ではどのような事件が猫猫を待っているのでしょうか。

楽しみですね!

x Logo: Shield Security
このサイトは
Shield Security によって保護されています →