青年漫画

薬屋のひとりごと3巻ネタバレ!里帰り先でも事件遭遇?!

薬屋のひとりごと3巻ネタバレ

皆さん、今話題の薬屋のひとりごとはご存じですか?

薬屋のひとりごとは主人公で薬屋の娘の猫猫が、後宮で持ち前の薬の知識と、毒に耐性のある体で毒見役として様々な事件を解決していく物語です。

2話では、毒見役として事件の真相を明かし梨花妃、里樹妃を助けました。

3話ではどのような事件を解決していくのでしょうか!ネタバレが気になりますよね!

今回は、薬屋のひとりごとの3巻のあらすじやネタバレを紹介してきたいと思います。

薬屋のひとりごとネタバレ
<< 2巻3巻4巻 >>

【薬屋のひとりごと】3巻ネタバレあらすじ

事件多発の園遊会の翌日、高順に頼まれ猫猫が毒見した玉葉妃に出された毒入りスープについて調べていました

スープの銀食器に粉をかけて指紋を検証した猫猫は4人の指紋があると言います。

一人目はスープをついだ人物。二人目は配膳した人物。三人目は里樹妃の毒味役。四人目は器の縁に触った人物です。

里樹妃が侍女たちからいじめられていたことは園遊会で魚アレルギーなのにわざと魚を出したり、衣装などで発覚しており、里樹妃の侍女が、里樹妃に魚を食べさせるために玉葉妃の食事とすり替えたので、食器に指紋が残っているのです。

猫猫は真相の憶測を伝え高順は帰っていきました。

高順は猫猫の憶測を壬氏に伝えますが、壬氏は事件多発だった園遊会で寝る時間もなく疲労困憊でクタクタでした。

話は変わり、猫猫は園遊会で簪をたくさんもらっていましたが、後に簪をもらった侍女は後宮から出ることができることを知ります。

猫猫も里帰りをしようと思っており、白羽の矢を立てられた李白は利用されることに怒っていましたが、猫猫がお礼の緑青館で花見をすると誘うと、コロッと態度を変えるのです。

李白は、園遊会でも女性に簪を配りまくっていたので、美女ぞろいの緑青館に行けると聞けば嬉しいに決まっています。

猫猫が実家に帰ってくると、やさしい養父がおかえりと迎えてくれたのでした。

次の日、猫猫は知らないおじさんにたたき起こされ妓楼に連れて行かれます。

すると、妓女と客の心中騒ぎが起こっており、煙草の毒を飲んでふたりとも瀕死状態だったのです。

猫猫は養父を呼びに行かせ、思いつく最善の対処を施します。

そこに養父がやってきて、猫猫の対処に色々とアドバイスしてくれ無事にふたりは助かります。

養父は薬や医学の知識がある有能な人なのにこんなところで薬屋をやっているのは勿体ないと思う猫猫なのでした。

助かったふたりを推測し始める猫猫は、疑問を持ちます。

男の方は、女をとっかえひっかえしている女たらしだったのに、何故心中をしようとしたのか。

現場に合ったのは、ひとつの器と麦稈(ストローとして使われている)、2種類の酒…。

猫猫は、現場の様子や人柄を頼りに、心中ではなく殺人だと気づくのです。

犯人は、祗女で、二種類の酒をひとつに入れ、カクテルのように二層にし、女は下の層の酒を麦稈を使用し飲みます。

女が飲んだので毒ではないことに安心した男が、麦稈を使用しずにそのまま口をつけ毒を飲んでしまい、倒れた。

そして男が倒れたのを確認し、女も疑われないよう、命に関わらない程度の毒を飲み倒れたのではないかと推測しました。

しかし、推測を羅門に言いますが、終わったことだからと公にはしませんでした。

里帰りが終わり、後宮に戻ってきた猫猫と李白を迎えた壬氏は怒っていました。

なぜなら、猫猫が里帰りの身元引受人に自分ではなく李白を連れて行ったからです。

そんな中、浩然という身分の高い方が亡くなります。

原因は、酒の飲みすぎで死んだということになっているのですが、浩然をよく知る壬氏は、酒豪で酒に強かった浩然が酒で死ぬとは思えないと、猫猫に浩然の死亡原因を調べてほしいという依頼しました。

割れた瓶を確認すると、中に大量の塩が入っていたのです。

味覚があまりわからない病気を患っていた浩然の酒に、誰かが日頃から嫌がらせで酒に塩を入れており、どんどんエスカレートしていき、死んでしまったのではないかと壬氏に伝えました。

その後壬氏は、真相を解明してくれた猫猫にお礼にと酒をあげます。

猫猫がめちゃくちゃ喜んでいると、20歳まで酒は禁止という法律を立てようかと意地悪を言う壬氏に、焦る猫猫なのでした。

【薬屋のひとりごと】3巻ネタバレ感想

今回は、後宮でも猫猫の故郷でも事件が多発でした。

そのたびに推理し解決していく猫猫の知識の豊富さと冷静さに惚れぼれしますね!

また、猫猫の薬の腕は、義父の教育によって受け継いだもので、義父も有能な薬屋でした。

身元引受人に選ばれなくて怒っていた壬氏も相変わらず素直じゃなくてかわいかったです。笑

4巻はどのような事件が待っているのでしょうか!

まとめ

今回は、薬屋のひとりごとの3巻のあらすじやネタバレを紹介していきました。

3巻でも後宮の中や外でも事件が盛りだくさんで、怖い時代だなと思うのと同時に、瀕死の状態の人を見ても、適した対処をする猫猫と義父がかっこよかったです。

また、猫猫と壬氏の絡みも毎回の事ながらかわいいですよね!

4巻では、どのような推理をするのか楽しみです。

x Logo: Shield Security
このサイトは
Shield Security によって保護されています →