少年ジャンプ

呪術廻戦ネタバレ156話!伏黒・パンダVS綺羅羅!戦いの行方は!?

呪術廻戦156話のネタバレ

今回紹介していくのは呪術廻戦156話「きらきら星」のネタバレ・感想となっています。

前回は虎杖に接触することができたものの高専の人間ということがバレて、戦闘が始まってしまいました。

説得できそうな流れでしたが、やはり戦闘になりましたね。

綺羅羅はそんな二人の邪魔になるであろう伏黒パンダを近づけさせないため戦闘が始まるところで終わりました。

第156話では伏黒・パンダVS綺羅羅の戦いが激化していきます。

伏黒・パンダは綺羅羅を倒し説得することができるのか?

そして、綺羅羅の術式の正体とは?

早速、呪術廻戦156話「きらきら星」のネタバレ・感想を初めていきたいと思います。

ここからは呪術廻戦第156話までのネタバレが含まれています。ご注意ください。

呪術廻戦ネタバレ
<<155話156話157話>>

【呪術廻戦】156話最新ネタバレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

@t___1007がシェアした投稿

綺羅羅との戦闘が激化していきます。

綺羅羅の術式が判明しますが、集中しないと難しいかもしれません。

そして伏黒の活躍も見逃せません!

綺羅羅の術式判明!モチーフは「南十字座」

伏黒は式神である大量の脱兎を放ちます。

これでパンダには近づけ、綺羅羅とモニタールームの扉に近づけないことが判明しました。

脱兎の体には星マークと「アクルックス」という文字があり、同じく伏黒にも「アクルックス」の文字がありました。

そしてモニタールームの扉に「ガクルックス」、パンダの体には「イマイ」という文字があることを確かめます。

これらは星の名前であり、”南十字座”ではないかとカマをかける伏黒。

それにより動揺した綺羅羅。

ここで綺羅羅の術式のモチーフが判明しました。

伏黒は術式の効果を見抜くことはできるのか!

モチーフが”南十字座”と判明はしましたが効果がわからない伏黒は苦戦します。

そこで伏黒はスタンプラリー説を唱えます。

綺羅羅の術式は南十字の星を割り振って、それぞれに近づける順番があり、同じ星同士はくっつくというものです。

その説が正しいとして、綺羅羅に近づけない伏黒とパンダは5つ以上の星があると考えました。

星マークを探し出すことによって伏黒たちは勝利に近づけます。

しかし術式がバレた綺羅羅はその星マークを探せないよう妨害してきます。

パンダは同じ星マークの付いた車と引き寄せられ戦闘不能に・・・

伏黒は綺羅羅の残した残穢で星マークを探し出そうとします。

綺羅羅の術式は「星間飛行ラヴランデヴー

伏黒の仮設は当たっていました。

綺羅羅の術式は南十字座の5つの星を割り振ることで発動します。

その効果は星マークが別の星マークに接近するためには定められた順序を守らなければならず、同じ星同士は一方が引き寄せられるというものです。

星マークの順序は星座の奥行き、つまり地球からの距離ということになります。

星の地球からの距離は・・・

イマイ」→「アクルックス」→「ミモザ」→「ギナン」→「ガクルックス

この順序で地球から遠いです。

つまりこの戦闘で「アクルックス」をつけられた伏黒は、まず「ミモザ」を経由しなければ、綺羅羅自身の「ギナン」には近づけないということですね。

その他の特徴としては星間飛行のマーキングは綺羅羅が直接触れないとできないことと、物ではなく呪力に星マークを付けること、星マークの種類は瞬時に変えられることがわかります。

制圧成功!?

術式を見破った伏黒は「ミモザ」を探し出すことに成功します。

伏黒が「ミモザ」に触れた瞬間、瓦礫が飛んできます。

綺羅羅は自身の呪力に「ギナン」をマーキングしているので、物に自分の呪力を使って「アクルックス」をマーキングするのは不可能。

しかし、綺羅羅の呪力についた「ギナン」を「アクルックス」にすることで物を飛ばします。

危機一髪と思われた伏黒ですが、それも見破っていました。

式神である玉犬が綺羅羅の背後の壁から現れます。

伏黒に引き寄せられる玉犬は、その間に綺羅羅を挟むことで制圧することに成功!

【呪術廻戦】156話の感想と考察

伏黒の戦闘能力と推理力には敵いませんね。

パンダは終始やられっぱなしでしたが・・・

伏黒のように頭の回るものでないと綺羅羅には勝てなかったと思います。

順序通りでないと近づけないとか冷静に考えたら強すぎる!

しかし、名前が南十字座が5つの星からできているのは不思議でしたよね。

全星座の中で一番小さく、南半球では一番有名な星座だそうです。

馴染み深いものでいうと、オーストラリアの国旗に使われているやつですね!

今回の術式はもう物が飛ばせないというところや、同じ星マークをつけた綺羅羅が引き寄せられない理由など、少し考えないとわかりにくい部分もありました。

本誌では図でも解説しているので、本誌を読むことをおすすめしますが・・・

綺羅羅の術式の「呪力にマーキングしている」・「同じ星マークは”一方”が引き寄せられる」というルールが鍵となっていますよ。

虎杖VS秤が激突!?

綺羅羅との戦闘が終わった伏黒

一方、虎杖の話を聞いてくれず、こちらも戦闘が始まってしまいましたね。

次回はこの二人が激突することになるでしょう。

秤は虎杖たちに協力してくれるのか!?

秤の術式も判明する!?

の術式もまだ判明していませんよね。

前回では虎杖の左右に電車の窓のようなものを出現させていましたが全容はまだつかめません。

の考え方や発言からギャンブル系の術式かなとは思いますが・・・

次回判明することに期待ですね。

まとめ

今回の呪術廻戦第156話「きらきら星」のネタバレ・感想はどうだったでしょうか?

まとめは以下の通りです。

  • 綺羅羅の術式は星間飛行。
  • 術式のモチーフは5つの星からできた南十字座。
  • 星間飛行は星マークに決まった順序でしか近づけない。
  • 伏黒VS綺羅羅、勝者は伏黒。

強い新キャラの登場や戦闘が始まって面白くなってきましたよね。

死滅回遊ももうすぐ始まるのではないかと目が離せません!

最後までご覧いただきありがとうございます。

x Logo: Shield Security
このサイトは
Shield Security によって保護されています →