ハーレムライフ

ハーレムライフ1巻ネタバレ感想!主人公ミキを誘惑する春香?

美女に囲まれる、誰もが羨む大学生の少しエッチな生活を描いた作品であるハーレムライフ

そんなハーレムライフ1巻では大学生になり、一人暮らしを試みたが親に断られてしまい仕方なく友人宅に居候する男子大学生のミキ!

美女に囲まれた居候生活にて彼は親友秋の母の他人には見られたくない姿を目撃するなど少しお色気の内容もこの作品に含まれています!

今回はそんなお色気系作品であるハーレムライフ1巻の内容のネタバレと感想や考察について解説していきます!

ハーレムライフ ネタバレ
1巻2巻>>

【ハーレムライフ】1巻最新ネタバレ

親友・秋の家にて居候させてもらっている男子大学生のミキは、親友の母親日向春香に対してぎこちなく接していました。

何故ならミキは、興味本位で春香の部屋を覗いた際、彼女の自慰行為を目撃してしまったからです!

その春香の姿を忘れることができず、顔を見ることすらできなくなってしまうミキ!

そんなミキに気兼ねなく接してくれる秋の妹・千冬に対しても、ミキはどこか罪悪感を抱いてしまいます!

大学の講義後、秋と二人で酒を飲んでいるミキ!

そんな二人の元に秋が友人で女子大学生のエマが飲み会に合流します!

いい感じに四人は酔っていき、一足先にホテルへと向かっていった秋とエマ!

そんな二人の後を追うようにミキも酔って動くことができない澪を連れてホテルへと向かいます!

無事ホテルへと着いたミキと澪は密室ということもあり、当然のように行為を行います

ご無沙汰であったミキは澪の誘惑に誘われるようにお互いを刺激しあい、果ててしまいます!

一通り行為を経て、ホテルにてシャワーを浴びた澪は「用は済んだでしょ。」と言い残しホテルを出ていきました!

日向家に帰宅したミキは深夜のためもあり、春香から何をしていたのか問いただされます!

しかしお酒を飲んでいたことや大学生ということから息抜きもたまには必要と解釈され、それ以上何も聞かれることはありませんでした。

その翌日、ミキは髪を切ってもらうために春香が経営している美容室に向かいます。

ミキは髪を洗ってもらう際に春香の欲情してしまい、一方春香もそんなミキに対して股間を当て誘惑するような行動をとっていました!

ここで1巻は終了します!

【ハーレムライフ】1巻の感想と考察

ここではハーレムライフ1巻を読んだ感想と考察について解説していきます!

ハーレムライフ1巻を見た感想ですが、男として少し羨ましい部分もある反面こういった場面に遭遇したら恥ずかしいなというシーンのミキにも頷けますよね!

ただそれを差し引いても、親友と遊んだりできかつ美人な女性に囲まれた生活は憧れのほうが強く感じます!

ストーリー自体もありがちなものではなく、キャラクターの心情や人間味の強い性欲求の大きさなどがこの作品の魅力だと感じました!

自慰行為の意図

居候のミキがいるにも関わらず、自慰行為をしてかつ部屋を開けたままにする行為には何かしら意図があったからだと思われます!

息子の友達とはいえ、居候させるにも若干の抵抗もあるはずなので下心がミキに向けてあったのではないでしょうか?

意中の人でもあったミキと行為をしたいために居候をOKしたと推測されます!

親友秋の心中

いくら親友といえどもミキを居候させてもらえるように親に頼み込むことはしないのではないでしょうか?

なにか母である春香に頼む代わりに要求された可能性があります!

もしくは秋は母である春香が親友のミキが気になっていることを知っており、そのミキに関するお願いを断れないことを知ったうえで居候の提案をしたのではないでしょう?

まとめ

今回解説したハーレムライフ1巻について以下にまとめてみました!

ハーレムライフ ネタバレ考察 まとめ

・男子大学生ミキは親友秋の家に居候させてもらっている!
・とある日秋の母である春香の自慰行為をミキは見てしまった!
・秋との飲み会できた澪と性行為をホテルにてミキは行う!
・秋の母春香に性行為について感づかれてしまったミキ!
・春香の経営する美容室にてミキは春香に誘惑されてしまう!
・春香はミキに気があり、居候をOKした可能性あり!
・春香のミキに対する思いを知っている秋が居候についてはるかに頼んだ可能性あり!

男子にとって美女に囲まれる夢の世界が描かれているハーレムライフ!

それだけでなく人間味の強いキャラや仲良くしている姿などが描かれ、少しほっこりしますよね。

秋の母春香の思いはどうなのかまたミキの推理や感じていたことは正しかったのかなど続きがとても気になる内容でしたね!

引き続きハーレムライフ2巻について別の記事にてネタバレ考察を行っていきますので、ぜひ記事のチェックのほどよろしくお願いいたします!

x Logo: Shield Security
このサイトは
Shield Security によって保護されています →